スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
ヤマトより愛をこめて - 沢田研二
2012-09-14 Fri 17:38
ヤマトより愛をこめて

今どきの若い人たちからみれば戦艦大和といわれても何の感慨もないようなのだが、昭和 30 年代くらいまでの生まれの人ならこの船に対する思いは特別なものがある人は多い。

30000 トンもあれば超弩級戦艦だといわれていたころに満載時の総重量 74000 トンというふつうの超弩級戦艦の二倍ほどもある重量をほこり、その主砲は 40 キロ先の厚さ 1 メートルの鋼鉄をもぶち抜くという世界に類を見ないとてつもない主砲を持った戦艦で、その砲弾が当たると敵の空母が真っ二つに割れたという話や、砲弾のそばを飛んでいた敵の飛行機がその風圧で 10 機ほどパラパラと墜落したなどという話は大和の逸話のほんの一部でしかない。

しかし、それほどの武勇伝をほこる名戦艦であっても時局をあやまれば何の役にも立たず 3300 人の兵士とともに海上特攻という名目で鹿児島県坊の岬沖の海の藻くずと消えていった。

この曲「ヤマトより愛をこめて」は昭和 53 年に封切られたアニメ映画「さらば宇宙戦艦ヤマト 愛の戦士たち」のエンディング・テーマとして使用され、戦艦大和が海上特攻したのと同じく、敵である白色彗星帝国の超巨大敵艦に向かって特攻していくという悲劇的な最後のシーンに流された。

その人のやさしさが 花にまさるなら

その人の美しさが 星にまさるなら

君は手をひろげて守るがいい

身体を投げ出す値打ちがある

一人一人が想うことは

愛する人のためだけでいい

君に話すことがあるとしたら今はそれだけかも知れない

いつの日かくちびるに 歌がよみがえり

いつの日かひとの胸に 愛がよみがえり

君は手をひろげて 抱くがいい

確かに愛した証がある

遠い明日を想うことは

愛する人のためだけでいい

今はさらばと言わせないでくれ

今はさらばと言わせないでくれ

と歌われるこの歌は、作詞家の阿久悠と作曲は元ザ・スパイダースの大野克夫というコンビによって書かれたが、阿久悠のすばらしい歌詞と大野の愁いを帯びたメロディは沢田の甘い声によってさらに情感を増しこの三人のコンビによる最高傑作ではなかろうか。

ヤマトより愛をこめて 沢田研二


*コメントをいただいた方へ

コメントいただき有難うございました。又、御指摘いただきどうも有難うございました。ご指摘いただいた箇所の訂正をするうちに間違ってコメントが消えてしまいました。どうもすみませんでした。又よろしくお願いします。


別窓 | J・ポップ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<五番街のマリーへ - 高橋真梨子 | こよいち | 君をのせて - 沢田研二>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。