スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
因幡晃 - 何か言い忘れたようで
2012-09-26 Wed 07:35
因幡晃 - 何か言い忘れたようで    1976     ☆☆☆☆

何か言い忘れたようで

1. 貴方のいない部屋
2. 別涙(わかれ)
3. 夏
4. サンデー・モーニング
5. おぼえていますか
6. S.Yさん
7. わかって下さい
8. 一年前の雨
9. 夏にありがとう
10. アパートの鍵
11. つかまえててよ
12. 秋田長持唄

何か言い忘れたようで・・・

もちろん筆者からみれば女性に対してなのだが、この言葉はだれでも一度は経験したことのあることばではないだろうか。

わかってください・・・

この気持ちも経験したことのある懐かしい気持ちだ。

でもこのアルバムは女ことばでつづられているから女性の気持ちを表しているのだろう。

因幡晃は秋田に生まれ、今でも秋田に住んで活動している。

そしてとても家族思いの心優しい男だ。

地元の高校を出て鉱山技師として働いていたらしいが、このアルバムの「わかって下さい」は、そのときに書かれている。

きっと彼にも辛い別離があったのだろう。

そんな心の心象風景がとてもよく表れている。

じっと聴いていると、もう一度昔に戻って恋がしたくなる気分になってくる。

もちろんそんなにもてたわけでもなく、涙で文字がにじむような手紙はもらったわけではないけれど・・・

わかって下さい 因幡晃
別窓 | フォーク | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<十九の春 - ミス・コロンビア (松原操) | こよいち | カスバの女 - エト邦枝 (くにえだ)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。