スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
あの日にかえりたい - 荒井由実
2012-12-19 Wed 13:11
あの日にかえりたい

ジョニ・ミッチェルの歌に「青春の光と影」という傑作があったが、この歌もそれに引けをとらない傑作で日本の音楽史に名を残す傑作だ。

この年、彼女は「いちご白書をもう一度」「ルージュの伝言」そして「あの日にかえりたい」と立て続けにヒットを放ちここからユーミンブームに火がついた。

「ニューミュージックって言葉は嫌いなんだけど、まあ、こういう音楽は私がはじめてなわけでしょう。私、ゼロからはじめたんだもの。だから過去のものとは較べようがない」

とはユーミンの自伝「ルージュの伝言」の中の言葉だ。自分の音楽は今までに例がなく自分から始まっている。そんな強烈な自信はやはりジョニ・ミッチェルにも通じるところがある。


  泣きながら ちぎった写真を
  手のひらに 繋げてみるの
  悩み無き 昨日のほほ笑み
  わけもなく 憎らしいのよ
  青春の 後姿を
  人は皆 忘れてしまう
  あの頃の私に戻って
  あなたに逢いたい

暮れかかる 都会の空を
  想い出は さすらってゆくの
  光る風 草の波間を
  駆け抜ける 私が見える
  青春の 後姿を
  人は皆 忘れてしまう
  あの頃の私に戻って
  あなたに逢いたい

  今 愛を棄ててしまえば
  傷つける人もないけど
  少しだけ滲んだ アドレス
  扉にはさんで 帰るわ あの日に

しかし、なんという素晴らしい歌詞が書けるのだろう。

「泣きながら ちぎった写真を 手のひらに 繋げてみるの」「青春のうしろ姿」「少しだけ滲んだ アドレス」こんな歌詞はそれまでにはなかったと思うし、他のだれも書けない歌詞だ。

中々売り出せなかったバンバンが何とかしてユーミンに楽曲の提供を願ったのもわかる気がする。

あの日にかえりたい







別窓 | J・ポップ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<デレク&ザ・ドミノス(Derek and The Dominos) - Layla & Other Assorted Love Songs | こよいち | ザ・ゾンビーズ(The Zonbies) - Odessey and Oracle>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。