スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
シャカタク(Shakatak) - Night Birds
2012-12-14 Fri 06:10
シャカタク(Shakatak) - Night Birds    1982     ☆☆☆☆

ナイト・バーズ

01.Night Birds
02.Street walkin'
03.Rio Nights
04.Fly The Wind
05.Easier Said Than Done
06.Bitch To The Boys
07.Light On My Life
08.Takin' Off

Personel
Bill Sharpe(p、key)
Jill Saward(vo)
George Anderson Jr(b)
Roger Odell(ds)

このバンドは1980年にイギリスで結成されたフュージョン・バンドでけっしてボサノヴァのところにならべられるようなバンドではないと思うのだが、イギリスの湿った空気をまったく感じさせないこのサウンドはブラジル音楽の心地よさが多分に伝わってくるバンドだ。

彼らは、本来ジャズ系のバンドなのだが、こむつかしい即興演奏などをすることはなくメロディとアンサンブルを重視した明るく楽しいバンドでこのアルバムは1982年に発売された彼らの二作目の作品にあたるがこの日本においてはデビュー作としていきなり大ブレークした。

一曲目から彼らの代表曲である「ナイト・バーズ」はフュージョンをまったく知らない人たちまでをもとりこにした大ヒット曲で深夜のTV番組のテーマ・ソングにもつかわれ、日本の角松敏生 (いかにも彼がやりそうな感じの曲だ) なんかもカバってる名曲だ。

つづく三曲目の「リオ・ナイツ」と言い、その次の「フライ・ザ・ウインド」と言い、いかにも南米っぽいリオの暖かい風がふきぬけるようなサウンドはブラジル音楽そのものといっていいくらいでとてもイギリスのバンドだとは思えない。

すて曲なしの良い曲ばかりだが、「ナイト・バーズ」のフェンダー・ローズ・ピアノとアコースティック・ピアノが奏でる甘く切なくキャッチーなメロディは一度聴いたら忘れることのできない曲で思いっきり可愛い娘なんか車に乗せちゃってドライブしながら聴けば絶対いけるーって感じ (妄想)。

鳥になって夜の空をどこまでも飛んでいきたくなるような気分になるのだ。

Night Birds


Rio Nights
別窓 | ボサ・ノヴァ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<プロコル・ハルム(Procol Harum) - A whiter shade Of Pale | こよいち | ダイアーストレイツ(Dire Straits) - Walk On Stage>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。