スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
1910フルーツ・ガム・カンパニー(1910 Fruitgum Co) - Best of the 1910 Fruitgum Co
2012-12-20 Thu 05:19
1910フルーツ・ガム・カンパニー(1910 Fruitgum Co) - Best of the 1910 Fruitgum Co    2001    ☆☆☆

1910 Fruitgum Co

1. Simon Says
2. May I Take A Giant Step (Into Your Heart)
3. Please Me, Tease Me
4. Sweet Lovin'
5. Play Our Song Mr. Music Man
6. 1,2,3 Red Light
7. Candy
8. Liza
9. Indian Giver
10. Dee-Licious
11. 1910 Cotton Candy Castle
12. Bubble Gum World
13. Special Delivery
14. Goody Goody Gumdrops
15. The Train
16. Reflections From The Looking Glass

かつて1960年代も終わりころの68~69年の話だが、バブルガム・サウンドというローティーン向けの音楽が流行ったことがあった。

少なくとも筆者が子どものころの日本にはそういうことはなく、ひとつの歌が流行れば老若男女が全員その歌を聴いていたわけで例えて言えば、そのころの日本ではやったムード歌謡の「君は心の妻だから」なんて歌が流行ればお年寄りから小さな子どもまでが「きーみーは、こーこーろ~のつぅまぁだ~かーら~」と、この歌を口ずさんでいたのだ。(笑)

それが、いつのころからか音楽も大人用と子ども用に分かれてきたようで当時海の向こうではロックも60年代の中期になるとブルース・ロックだのアート・ロックだのとうてい小さな子どもたちには理解できないようなロックが主流を占めはじめ、それに対抗するかのようなかたちでてきたのがこのバブルガム・サウンドである。

要するにこうしたお子さま向けの非常に単調で調子が良くて判りやすいロックンロールをひとくくりにしてバブルガム・サウンド(文字通り風船ガムをかんでいるような子どもの事)と呼んでブルース・ロックやプログレッシブ・ロックなんかの難しいロックに対抗したというわけだったのだ。

世界では頭のいい人がいるものでこれを考えた人は、ブッダ・レコード重役のニール・ボガードというまだ22才の若者で、この日本でいえばAKB48をプロデュースした秋元康みたいな人で、こういうロック界の流れに対しついていけない層がきっとでてくるだろう。ならばそうした若い層だけに受けるロックンロールを出して一儲けしようと思ったのだった。(想像)

そのバブルガム・サウンドはここに紹介する1910フルーツ・ガム・カンパニーを筆頭にオハイオ・エクスプレス、レモン・パイパーズ、アーチーズ、マッシュ・マカーンなどのバンドがいて当時から生きている人たち(笑)なら皆一度は聴いたことのある曲ばかりだろう。

この1910フルーツガムカンパニーは1967年にニュージャージー州のリンデンという町で結成され、バンド名はリーダーのフランク・ジェッケルが屋根裏部屋のトランクの中にあった古いガムの包み紙にヒントを得てつけた名前だといわれている。

メンバーはリズム・ギターとボーカルのフランク・ジェッケル、リード・ギター・パット・カーヴィン、オルガン・マーク・ガトコフスキー、ベース・スティーヴ・モートコヴィッツ、ドラム・フロイド・マーカスの五人組みだ。

明るく楽しく今聴いてもとてもハッピーでかたちこそ変われこういう音楽はいつまでも永遠だ。

Bubble Gum World このイントロを知らない人はこの日本にはいないだろう。
 

The Train これは当時発売されたシングル盤のジャケットです。


Simon Says
      


別窓 | ポピュラー | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マイク・ブルームフィールド/アル・クーパー/スティーブン・スティルス(Mike Bloomfield - Al Kooper - Steven Stills ) - Super Session | こよいち | デレク&ザ・ドミノス(Derek and The Dominos) - Layla & Other Assorted Love Songs >>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。