スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
愛情の花咲く樹 - シュキ&アビバ(SHUKI & AVIVA)
2013-01-09 Wed 04:50
愛情の花咲く樹

シュキ&アビバとはなんとも変わった名前だが、この男女の二人組み以前にもこの当時日本ではヘドバとダビデというイスラエル系の二人組みの男女が「ナオミの夢」という曲をヒットさせていた。

そして、それにつづく同じイスラエル系のデュオがこの2人でジャケット右に立っている男性がイスラエル人のシュキでその手前に座って微笑んでいる方がフランス人のアビバだ。

この曲は外国人が歌っているにもかかわらず日本語で歌われており、当時はよくベッツィ&クリスやグラシェラ・スサーナやペギー・マーチ、アダモなんかの外国人が日本向けに日本語の歌を歌っていたものだった。

この二人はもともとれっきとしたミュージシャンでロンドンで超ロングランを記録したミュージカル「カジノ・トロピカル」やあの有名な「ヘアー」にも出演していたそうだ。

その「ヘアー」で共演したのがきっかけでデュオを結成することになったようだが、他にも俳優やダンサーとしてもスクリーンやステージで活躍しているようでライザ・ミネリなんかとも共演した経験があるようだ。

彼らの曲でフランス語によるものは他にも数曲はあるようだが、日本語の曲は筆者の知る限りでは1974年のこの一曲だけしかない。

それ以降の活動はシュキの方は作曲家や映画監督としても活躍し日本の子供向け番組の海外版の音楽も担当して成功されているようだが、あの伊藤咲子の「ひまわり娘」なんかの楽曲も彼の作品のようでアビバの方は、1999年に麻薬かなんかで亡くなっているようだ。

作詞はその後、めきめきと頭角を表してくる阿久悠で作曲はこのデュオの片割れであるシュキの作でこの曲はどうも1973年に開催された東京音楽祭にエントリーされた曲のようだが、フォーク調のとても歌いやすい歌で当時けっこうヒットした曲だ。

愛情の花咲く樹



別窓 | J・ポップ | コメント:0 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<マイ・ハート・ウイル・ゴー・オン(My Heart Will Go On) - セリーヌ・ディオン(Celine Dion) | こよいち | サタデー・ナイト(Saturday Night) - ベイ・シテ・ローラーズ(Bay City Rollers)>>
この記事のコメント:
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。