スポンサーサイト
-------- -- --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
別窓 | スポンサー広告 | ∧top | under∨
風に吹かれて(Blowin' In The Wind) - ボブ・ディラン(Bob Dylan)
2013-01-28 Mon 17:03
風に吹かれて(Blowin' In The Wind)

ボブ・ディランの2ndアルバム"The FreeWheelin' Bob Dylan"(1963)の冒頭を飾るこの曲は60年代のフォーク・ムーブメントを代表する一曲でアメリカ社会に大きな影響をあたえ時代を作った歌だ。


♪ どれだけ長い歳月が経てば

山は海に削り取られてしまうのだろう?

どれだけ長く生き続ければ

虐げられた人たちは晴れて自由の身になれるのだろう?

どれだけ人は顔をそむけ続けられるのだろう?

何も見なかったふりをして

その答えは、友よ、風に吹かれている

その答えは風の中に舞っている ♪

この歌はディランを一躍有名にした歌なのだが、実はこの歌は最初はディランで有名になったわけではなくピーター・ポール&マリーが歌って全米第一位となり有名になった歌でほとんどの人はPPMを通してディランを知ったのだった。

その後、多くのディランのフォロワーが出てくるのだが、けっきょくのところ誰もディランを越すことは出来なかったわけでディランがいたからこそ出来上がった音楽みたいなものも多くあった。

ディランがいろんなものの先駆者でもあり、彼がどんどん開拓していってくれたわけで一番端的なものはフォーク・ミュージックとロック・ミュージックを合わせてフォーク・ロックを作ったことだろう。

そして、それがベースになってシンガー・ソング・ライター・ブームというものが出てくるわけで、それまではプロの作詞家と作曲家がいてそしてプロの歌い手が歌って音楽が成り立っていたわけであるが、ディランが出てきたことによって自分で詞と曲を書いて自分で歌を歌うというパターンが出来上がり、ビートルズやストーンズがあらわれたのもやはりそこからと言っていいだろう。

1961年、大学を中退したディランはふるさとミネソタからヒッチハイクを重ねてニューヨークへ出てきた。

彼はフォーク・シンガーへの道、憧れのウッディ・ガスリーに会うという夢を胸に摩天楼の南グリニッジ・ビレッジへむかった。

ニューヨークへ着いたその夜、ディランはグリニッジ・ビレッジのモダン・フォークの拠点フォーク・シンガーたちが歌い集うコーヒー・ハウス「カフェ・ホワッ?」へと向かった。

若き日のジミ・ヘンやブルース・スプリングスティーンも歌ったといわれる100人も入ればいっぱいのライブ・ハウスでディランはその日のうちにフォークの聖地グリニッジ・ビレッジに溶け込んだ。

そしてミネソタの少年はニューヨークの街であっという間にスターになり、ジョーンズ・ストリートを恋人と共に歩く姿はアルバム"The FreeWheelin' Bob Dylan"のジャケットに使われ世界中のひとたちの記憶にのこる一枚となる。

当時、ビレッジを代表し若きディランに大きな影響を与えた人でオデッタという女性フォーク・シンガーがいるのだが、ディランはまだオリジナル曲でなくカバー中心だったころこのオデッタの歌をステージで歌っていた。

この歌は「競売はたくさんだ」(No More Auction Block)と言い、実はこの歌こそ彼の出世作である「風に吹かれて」の元歌なのである。

♪ わたしを競売台にたたせないでおくれ

もういい もうたくさんだ

わたしを競売台に立たせないでおくれ

おびただしい数の人が売られていった

これ以上つらい目にあわせないでおくれ

もういい たくさんだ ♪

奴隷売買の悲しみと自由への願いがこめられたこの歌は19世紀に黒人たちの間で歌われたトラディショナル・ソングでオデッタの大切なレパートリーだった。

この歌にこめられた人間の尊厳、叫び、そして真実、このフォークの魂をうけついでディランは名曲を書き上げた。

♪ どれだけたくさんの道を歩き回れば

人は一人前だとよばれるようになるのだろう?

どれだけ多くの海を越えていけば

白い鳩は砂浜で羽を休めることができるのだろう?

どれだけ大砲の弾が撃たれれば

もう二度と撃たれないよう禁止されることになるのだろう?

その答えは、友よ、風に吹かれている

その答えは風の中に舞っている ♪

人種問題、公民権運動、ワシントン大行進、ベトナム戦争

「風に吹かれては」その時代に生きる人々の心に響き、祈るように歌われた。

そして、答えは「風に吹かれて」いるんじゃなくて

まさに「風の中にある」(In The Wind)のだ。

Blowing In The Wind







別窓 | 永遠の名曲 | コメント:2 | トラックバック:0 | ∧top | under∨
<<酒は涙か溜息か - 藤山一郎 | こよいち | 海峡 - 吉幾三>>
この記事のコメント:
85gX6573
早速ですが、
大変、満喫させて頂きました(笑)
http://4S1J307D.g-weeks.com/4S1J307D/
2013-02-01 Fri 08:27 | URL | 成金 #DtpHUg1A[ 内容変更] | ∧top | under∨
> 85gX6573
> 早速ですが、
> 大変、満喫させて頂きました(笑)
> http://4S1J307D.g-weeks.com/4S1J307D/
有難う御座いました。
2013-02-01 Fri 16:21 | URL | やっさん #-[ 内容変更] | ∧top | under∨
コメントの投稿

管理者だけに閲覧

この記事のトラックバック:
| こよいち |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。